HOME > おすすめ情報 > 水素水、水素化粧品、水素風呂

水素水のオススメ情報

水素水、水素化粧品、水素風呂

水素水とは
水素自体が小さな泡の状態で水に混ざっているのが水素水です。水素水は「水素分子」が混合されているものです。「水素イオン」ではありません。水素分子には味はありませんが、水素水は少しまろやかでおいしいと言われます。水素水はかなり小さいのでペットボトルなどは簡単に通り抜けてしまいます。たとえ栓を閉めてあっても、どんどん蒸発してしまいます。水素水の保存にはアルミ容器に入ったものがお薦めです。またアルミ容器に入っているから安心とは限りません。空気が容器の中にあるとそこに蒸発してしまいます。きちんと栓を閉めたアルミ缶でも飲みかけですとどんどん水から蒸発していきます。そして水素水をコップに注いで半日もするとほとんど空気に逃げてしまいます。2~3時間以内に飲みきった方が最適です。アルミパウチだとアルミ缶より空気が入らないようにできるので数回に分けて飲むことができます。水素が抜けた水素水は普通のただのお水になってしまいます。水素のようなガスは高い温度だと水に溶けにくいと考えがちですが、実際水素は熱い水でもけっこう溶けてしまいます。
水素水とは
※『水素水』を沸騰⇒水素が一気に蒸発
※『冷たい水』が苦手⇒湯せんして温かくする
水素分子と水素イオン
水素分子は水素原子が結合した状態。イオンの状態は水素で言えば手が増殖したり、自分の手を誰かにあげてしまった状態です。日常生活の中にある水素イオンは水素原子のように思われるますが、実際には水中で水の分子と結合した状態。水素分子と水素イオンは全く違う性質です。そして水素イオンは天然、自然では必ず水中に存在し、水素分子は普通存在しません。そして水素イオンが水に多く含まれると味が酸味をおび酸っぱくなります。水素分子は無味無臭です。
※『分子状の水素』⇒安定しているのでいつも元気
※『イオン化した水素』⇒不安定のため、元気がない
水素化粧品とは
「水素水でパックすると美白になるってホント?」顔やお肌のシミは、酸化が原因でより濃くなるものです。個人差はありますが、お肌がきれいになった人は多いようです。水素化粧品は、水素の効果をピンポイントで使えるので効果的です。「乾燥肌が改善した」、「肌にハリが出て若返った気がする」という人もいます。
水素化粧品とは
※『水素水』でパックすると⇒美白になる。
※『水素化粧品』⇒女性の味方、究極の基礎化粧品
水素は炎症にも最適
炎症は、細胞がウィルスなどに壊された時に、その異常を除去しようとする時に発生します。簡単にわかりやすく例えると、炎症は体の中の山火事みたいなもので細胞を山の木とするとウィルスは火のようなものです。どんどん飛び火して山全体を焼いてしまう。火が燃え広がる前に、皮膚を赤く腫れさせて危険信号の合図を送るのが「炎症性サイトカイン」という物質です。健康な体全体が傷つかないように、異常のある細胞部分だけを先に燃焼させます。リウマチなども「炎症性サイトカイン」が原因であると考えられています。水素は、このような炎症を抑制する効果があることもわかってきました。
※『水素』⇒炎症を抑制し、細胞を保護してくれる
シミの原因予防
紫外線はビタミンDをつくり出し免疫力を高めるが、負担がかかりすぎるとシミの原因になります。また日焼け止めクリームには、紫外線を反射する「反射剤」が含有されているため、肌を保護します。この反射剤には水と光で反応して、悪玉活性酸素を発生するものがありますが、そんな時にも水素が保護してくれます。酸化するとどんどんお肌は劣化していきます。
シミの原因予防
※いろいろなところで『悪玉活性酸素』が発生しても⇒水素が守ってくれる
水素風呂(水素入浴剤)とは
水素を発生するものをお風呂に入れると、水素水のお風呂になります。また一部の金属は水と反応して水素が発生します。最近の入浴剤はマグネシウムに水素分子を閉じこめた「水素化マグネシウム」という新しい素材が使われているのが多いです。水素は人を通り抜けるのはものすごく簡単なので水素風呂に入ると、あっという間に体中、水素が浸透します。7分くらい入浴すると体じゅうに水素が浸透します。現在まだ研究中ですが、血行がよくなるみたいです。動脈硬化にも水素は効果的です。老化や病気を予防するには毎日の規則正しい生活が大切です。「悪玉活性酸素があまり出ない生活習慣」、また「発生したら取り除くこと」のこの条件をきちんと守って生活すれば毎日元気に過ごせます。
水素風呂(水素入浴剤)とは
※『水素風呂』⇒水素化マグネシウム素材が主流
※『水素風呂』のおすすめ入浴時間⇒7分くらいで体中に水素が浸
※『水素風呂』⇒血流がよくなる、体の中まで温まる、汗もたくさん発散する
水素水サーバーお問い合せフォーム

は必須項目です。

会社名
メールアドレス
メールアドレス確認
お名前 全角でご入力ください
郵便番号 ハイフンは入れず、半角数字のみでご入力ください
ご住所
都道府県
郡市区町村
番地等以降の住所
建物名称等
お電話番号 ハイフンは入れず、半角数字のみでご入力ください
お問い合せ内容

メール受付 24時間365日対応